ご挨拶

理事長 理事長  榎戸 幸德 (えのきど ゆきのり)
本学園は、初代理事長及び園長石川周之助と、二代目園長石川繁子夫妻が私財を投じ、子供に恵まれなかった二人が我が子のように愛情を込め、園児への「やさしい心」「がんばる心」を育てる熱心な思いで創立いたしました。
 関わる大人や様々な環境によって子供の育ちが異なることを自覚し、子供たちと一緒に考える保育でやる気を持たせ、全教職員が全園児の名前や行動を把握しての一貫した幼児教育は、当園が最も重視しているところでございます。その中で育つ園児は明るく挨拶のできる元気な子供たちです。卒園のころには教育目標が達成できていると感じられます。
 保護者の方々と幼稚園、また行政のこども未来センターや小学校との緊密な連携を保ちながら、常に信頼される幼稚園として努力してまいります。

園長 園 長  野口 陽央 (のぐち はるお)
「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように、人間形成の基礎が培われる大切な幼児期。私たちは「基本的な生活習慣を身につけ生きる力を育てる。」当園の創設者、石川ご夫妻が50年以上、追求し続けた幼児教育の理念をしっかりと継承し、この地域の子育て支援の拠点となれるように努力していきたいと思います。
 みんな(先生たち)でみんな(全園児)を観る。子どもの心をくすぐり、子どもの心から引き出し、未来につなげる保育を職員一同目指します。